ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

無題ドキュメント

ポイント投資の攻略ブログ

太陽光発電のクラウドファンディング投資 パネシェアの仕組みと注意点

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20220415114516p:plain

太陽光発電のクラウドファンディング投資を行っているパネシェアというサービスがあります。太陽光発電所に手軽に投資をすることができるサービスとなっています。

一人で太陽光発電所を作るのは金銭的にも多額の資金が必要になりますし、銀行融資等も前提になりますが、パネシェアであれば小額から投資をすることができるという点が魅力になります。

一方で注意しておくべき点もいくつかあるので理解しておきましょう。

パネシェアの仕組み

太陽光発電のパネルをシェア投資するイメージです。

たとえば10万W分の太陽光パネルが設置されている発電所があるとして、そのうちの100W分を購入します。投資をするとその100W分のパネル(当該発電所の0.1%相当)の売電収入が投資家のもとに分配されるというイメージですね。

パネシェアではW単位で購入することができ、そのW数に応じて分配を受けることができるわけです。なお、購入したW分は売却することも可能です。

売電収入を受けながら必要な時は売却をすることもできるので流動性が担保されている点は魅力と言えるでしょう。

※ちなみにWは発電量を示しているわけではありません。ここでのWは単純に売買単位だと認識してください。

パネシェアを利用するメリットは、事業用の太陽光発電をほぼお任せのような形で運用できる点にあります。また、途中売却ができるため資産としての流動性が高いのが強みです。

一方のデメリットは中間業者が入っているわけなのでその分だけコストが上乗せされているという点が挙げられます。

 

購入後の価格下落に注意

f:id:showchan82:20220415112024p:plain

上記はパネシェアの公式サイトにある収益シミュレーションの図です。
購入価格が最初の紺色、1年後以降のグラフは「青色が保有するWを途中で売却する際の価格」「緑色が累計で受け取った売電収入」です。

1年後を見てみると100万の投資が98万円になっていますね。
これは要するに購入したWの価格下落の方が売電収入よりも大きいということを意味します。

買取価格が下がるのは理由があります。

一つ目は太陽光発電という事業の構造的な要因です。

太陽光発電の売電収入は永続的なものではありません。機器的な減価もありますが、大きいのはFITと呼ばれる「固定価格買取制度」による影響です。日本では太陽光発電普及のためにFIT(固定価格買取制度)という補助制度があります。これは一定期間は買取価格を一定額で高く買い取りますよという制度です。

事業用の場合は20年間で設定されているため、20年間は安定的な収入が見込めます。一方でFIT終了後は売電価格は市場価格相当になりますので一気に収益性が低下します。

太陽光発電システムはこうした仕組みのため、年数が下がるほど資産価値が減少していくわけです。

本件とは関係ないけど、私たちが電気代払っている再生エネ賦課金というやつでFITの電気代は補填されています。つまり資産家が太陽光発電で儲けた分のお金というのは実は持たざる者が負担しているわけです……。随分高くなりましたよね、再生エネ賦課金……

もう一つのは短期解約(売却)に対してパネシェア側が意図的に買取価格を下げているのだと思います。明確に違約金として設定しているのかどうかは不明ですが、短期の解約を制限する意味も含めて当初の買取価格を下げているものと思います。

この部分は「思います」という感想になりますが、上記の表をわざわざ用意していることから考えても短期解約の元本割れは意図的に設定しているものだと考えます。ある意味致し方ない部分もあります。運用性のある保険とかだって似たようなものですよね。

 

パネシェア実際にやってみたらどうなのか?いくら利益が出る?

実際に投資をしてみた結果です。次回以降も同じようになるかは不明ですが、参考にしていただければと思います。

※クレカ購入の場合は6カ月は売却不可です。

<必要金額>

  • 投資額:100,000円
  • 返金時の振込手数料:350円
  • 合計:100,350円

<還元金額>

  • 売却額:約94,000円
  • 売電収入:約1,000~1,500円
  • ポイントサイト還元:11,000円相当
  • クレジットカードの決済ポイント:1000P
  • 合計:107,000円

差し引きの利益は7000円くらい。なお、月末の保有に対して売電売上が入る形になりますので売却するなら月初が良いですね。

また、10万円の決済が発生するのでクレジットカードの入会キャンペーンなどで決済額を作りたい方にとってはいい感じかもですね。

参考:クレジットカード決済修行

 

パネシェアのポイントサイト案件はおすすめなのか?おすすめじゃないのか?

上記のような特徴がありますが、投資としてはそこそこ面白いです。
ポイントサイト案件としてパネシェアを見た場合にはメリット、デメリットの両面があります。

まずはポイントサイト案件の内容を見ていきましょう。2022年7月5日時点におけるパネシェア案件の最高額は10万円の投資で11000円相当のポイント還元という内容になっています(ポイントインカム経由)。

ポイントインカム会員登録はこちら

つまり、本サービス利用の時点で投資額の11.5%ものリターンを得ているということになるわけです。パネシェア案件の場合、株や不動産のように市況によって大きく価格が下落するということは考えにくいです。

そのため、記事途中で書いたようにある程度の買取価格下落があったとしても、この水準を上回るような下落にはなりづらいと考えます。これがお勧めできるメリットです。

一方のデメリットとして投資をした10万円が固定される期間がそこそこ長くなる可能性があるという点です。ポイ活案件として短期でポイントだけゲットするという目的の場合は、本案件は合致しない可能性が高いです。

少なくとも数カ月~場合によっては1年以上の期間を寝かせて運用することができる前提のポイ活案件となりそうです。

 

余剰資金があるなら十分高いリターンは見込めそうなポイ活案件

必要資金は10万円でポイントとして10%以上の還元を得て、残りは太陽光発電所としての還元を受け取るというのであればそう悪くないと思います。本格的な太陽光発電投資を考えている方の練習としてもわるくないかもしれませんね。