dポイント投資の攻略ブログ

ポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスなどお得情報発信

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

山田コンサルティンググループの株主優待は1株保有でも税務本がもれなくもらえる

f:id:showchan82:20200701095613j:plain

山田コンサルティンググループ(4792)は経営コンサルティング大手で事業再生や事業継承、M&Aなどを支援する企業です。

そんな山田コンサルティンググループには株主優待制度があります。優待として提供されているのは自社グループの書籍になります。

山田コンサルティンググループ株式会社では、毎年3月31日現在の株主名簿に記載のある株主様にご優待をご用意しております。

となっており、株数の明記がありません。全株主に対して送付しているようで、2020年3月期については1株しか保有していない私にも株主優待が届きました。 隠れ優待ではないですね。

小額投資(単元未満株取引)でお得な株主優待が貰える端株優待の一つといえそうです。

山田コンサルティンググループの株主優待は書籍

提供される優待は書籍です。

2019年3月期

  • 「2019年度税制改正のポイントと解説」及び「FP FILE 2019」
  • 令和元年度版 税務インデックス
  • 日経MOOK 「負け組」を「勝ち組」に変える不動産活用術
  • 日経MOOK 中堅・中小企業の「働き方改革」

2020年3月期

  • 「2020年度税制改正のポイントと解説」及び「FP FILE 2020」
  • 令和2年度版 税務インデックス

例年は4冊程度の中から選べるぽいですが、2020年3月期はちょっと(かなり)お堅い本ですね。

 FPをされている方や税務会計に携わる方などにとっては1株持っておくと知識のアップデートができてよいかもしれませんね。

私は……どうしよっかな。

メルカリ見ると税務インデックスの方は売れているっぽいので、そっちにしようかな。

優待利回りは驚異的水準!

山田コンサルティンググループの株価は直近上昇していますが、1342円(2020/6/30終値)です。全株主に提供ということは1株1342円の投資で書籍が貰える問うことになります。

これは爆益ですね。本の通常価格から考えると優待利回りは100%超えちゃうんじゃないでしょうか?ちなみに税務インデックスの通常価格は1,601円(Amazon / 2020/07/01調査)。

うん、利回り119%です。爆益。もちろん、必要ない方にとっては無用の長物でしょうが、届いてすぐならメルカリで売れそうな感じ(値崩れするかもですが……)。

 

端株優待(1株投資)ならネオモバ(SBIネオモバイル証券)がおすすめ

端株優待(1株優待)で投資をするなら単元未満株取引(100株未満の株取引ができるサービス)が利用でき、かつ取引コストを最小にできる証券会社がおすすめです。

小額投資ができて、私もおすすめしている「日興フロッギー」は単元株未満の保有の場合、自分の名義にならないという特徴があるので端株優待には適していません。

株主優待のために小額投資(1株投資)をするのであればネオモバ(SBIネオモバイル証券)が一番おすすめです。

1株単位で投資できるうえ手数料は月間50万円相当までなら何銘柄売買しても220円(税込み)です。なお、毎月200P(Tポイント)が還元されるので実質手数料は月額20円で済みます。

毎月手数料がかかるのは……と思われるかもしれませんが、利用停止手続きをしていれば手数料は発生しません。

>>ネオモバ(SBIネオモバイル証券)の申込はこちらから

 

【免責】
※株主優待制度については企業が独自の判断で取りやめをするケースがあります。特に端株優待については告知されずにサイレント修正されることもあるので、あくまでも過去の情報としてご利用ください。

端株優待(単元未満株でもらえる株主優待)は下記のページでもおまとめ紹介しています。

dp-invest.hateblo.jp