ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

品薄のAmazonのFire TV Stickが通常価格で在庫復活!4K版も復活!

著者:しょうこちゃん

f:id:showchan82:20200513140159p:plain

長いこと品薄状態だったAmazon Fire TV Stickが在庫復活しています。

PrimeVideoやYoutubeといった動画をご自宅のテレビで大画面出力する上で欠かせないアイテムでしたが、新型コロナによる外出自粛で需要が急増したため、品薄となっていました。

Amazon以外の事業者が値上げして販売していましたが、Amazonが通常価格4,980円で販売しています。手に入らないけど転売価格で買うのは……と躊躇していた方には朗報ですね。

ガンガン売れてるっぽいので、必要な方はお早めに。また、4K対応のFire TV Stick 4Kもようやく通常在庫として復活しました。

>>Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
通常価格:4,980円

>>Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 
通常価格:6,980円

 

Fire TV Stickでできること

テレビやモニターなどにHDMI接続するだけで簡単に使えます(要、インターネット回線&無線)。

ホーム画面はプライムビデオなどの動画視聴に適したインターフェイスとなっております。Amazonプライム会員ならプライムビデオで様々な映画やドラマ、アニメなどの追加料金を払うことなく視聴可能です。

プライムビデオ以外にもNetflixやHulu、U-NEXTといった他社の動画サービスにも対応しています。また、YoutubeやAbemaTVなどの無料の動画サービスにも対応しています。

専用リモコン付きで操作できるので使い勝手は◎です。

 

通常版(無印版)と4K対応版の違い

サイズは4K対応版が一回り大きいです。違いは何か?といわれると大きく3つの点が挙げられます。

  • 処理速度
  • 映像出力
  • 音声出力

まず、処理速度はプロセッサが異なります。4K版は1.7GHzに対して、無印版は1.3GHzとなっています。Fire TV Stick 4Kの方が処理内容が大きくなるためですね。

続いては、実際の出力される映像です。

Fire TV Stickが最大1080p出力ですが、Fire TV Stick4Kは4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+に対応しています。

ただ、どのテレビ(モニター)でも4K版を購入すればよいのかというとそうではなく、テレビ(モニター)がそれぞれの映像出力に対応している必要があります。

言い換えれば、4Kテレビをお持ちであれば、Fire TV Stick 4Kの方がおすすめです。逆にそうでなければ値段の安いFire TV Stick(無印)の方でよいと思います。

音声出力は、4K版はDolby Atmosに対応しています。前後左右に加えて上下方向からの音にも対応しています。この辺はホームシアターシステムなどを導入している方向けですかね。

そんな感じ。Fire TV Stick 4Kにするか、通常のFire TV Stickにするかについては、料金的にも大きな差はないですし、メインで視聴するテレビが4K対応か否かくらいで考えると良いと思います。

>>Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
通常価格:4,980円

>>Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 
通常価格:6,980円