dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

SBIネオモバイル証券がTポイントでFXができるネオモバFXを開始!dポイント投資との相性も抜群

f:id:showchan82:20200423163830p:plain

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は4月27日からネオモバFXのサービスを開始しています。

FX(外国為替証拠金取引)が新しくサービスに加わり、新規注文をする際に、Tポイントを利用できます。なお、利用されたTポイントは現金化されて証拠金になります。もちろん、Tポイントがなくても入金することで投資可能です。

FXのサービスの中では特異的な1通貨(通常は1万通貨単位が多い)から取引可能なので、初心者の方でも取り組みやすいと思います。
ちなみに、dポイント投資との相性も抜群だったりします。上手く併用しましょう。

なお、FX口座開設で200ポイント(Tポイント)がもらえます。すでに証券口座を開設している人も対象です。口座をお持ちの方は管理画面から口座開設が即時可能です。

まだ、ネオモバの口座をお持ちでない方は口座開設をお申し込みください。

 >>ネオモバ(SBIネオモバイル証券)の申込はこちらから

 

FX取引を小ロット&低コストで実施可能

ネオモバといえば、1株単位での株式投資が可能な証券会社です。小額投資が可能なネット証券でありTポイントを使った投資にも対応しています。

dp-invest.hateblo.jp

個人的にイチオシの証券会社なのですが、このネオモバがFXにも参入します。

最低1通貨単位の取引

FXでも驚くことに1通貨単位での小額投資が可能となっています。

一般的にFXは通常1万通貨単にまたは1000通貨単位が多いです。ドル円が1ドル100円としても10万円~100万円が最低取引単位となります。これが、ネオモバFXの場合は1ドルから買えるという話になります。

ドル円のスプレッドが500通貨単位以下なら0.0銭

500通貨単位以下の取引だと米ドルのスプレッドは原則0.0銭となっており、500ドル以下の売買なら実質コストゼロで取引できることになります。FX取引のコストとしては最安値水準です。

他社の場合安いところでも0.2銭くらいのスプレッドは発生しているので無料というのは圧倒的なコスト優位性があります。

  • DMM FX:0.2銭
  • GMOクリック証券(FXネオ):0.2銭
  • みんなのFX:0.2銭
  • FXプライム:0.6銭
  • 外為オンライン:1.0銭
  • (外貨預金)住信SBIネット銀行:4.0銭
  • (外貨預金)ソニー銀行:15.0銭
  • (外貨預金)三菱UJF銀行:25.0銭

他社のFX取引や外貨預金と比較すると圧倒的な差があります(いずれもドル円)。というか、スプレッドコストをゼロにしてどこで利益を上げるつもりなのでしょうか……。

取り扱い通貨は26通貨ペア

取り扱い通貨ペア数は26と数も多め。

  •  米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)
  • トルコリラ/円(TRY/JPY)
  • 人民元/円(CNH/JPY)
  • 韓国ウォン/円(KRW/JPY)
  • 香港ドル/円(HKD/JPY)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • NZドル/米ドル(NZD/USD)
  • 米ドル/カナダドル(USD/CAD)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
  • ユーロ/ポンド(EUR/GBP)
  • ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
  • ユーロ/NZドル(EUR/NZD)
  • ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
  • ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
  • ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
  • 豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
  • 豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)

専用アプリでの取引、ネオモード・プロモード。ネオモードならTポイント投資もできる

取引は専用アプリとなります。初心者向けの「ネオモード」とFX経験者向けの「プロモード」が用意されます。Tポイントを使って投資できるのは「ネオモード」だけとなります。

ただ、Tポイント投資は必要証拠金の最低をポイントで充当する仕組みになっています。なので、Tポイントで投資をすると最大レバレッジをかけた分だけのTポイントが現金化されて、それが証拠金に充当されます。

25倍のレバレッジを掛けた状態なので、そのままだとちょっとした変動で強制ロスカットされるリスクがあるのでご注意ください。

正直、Tポイント投資を入れる必要ってないんじゃないの?って思いました……

FX口座開設で200ポイントプレゼント

新規のFX口座開設で200ポイント(Tポイント)がもらえます。すでにネオモバの口座(証券口座)をお持ちの方もFX口座を開設すれば対象となるようです。

 

外貨投資をする上では口座を持っておいてもよい!dポイント投資のヘッジ取引にも最適

FXでドル円が1通貨単位というのはあまり聞きませんし、500通貨単位以下ならスプレッドゼロ(原則)≒為替コスト無料、というのもすごいです。

外貨投資をするなら口座持っておいてもいいかもしれませんね。

また、このネオモバのFXはdポイント投資にも実は活用できます。

dポイント投資では14時の締め切り以降に為替レートが変動すると翌日17時の損益が変動します。

  • その後の為替が円高=利益が減る
  • その後の為替が円安=利益が増える

となりますね。で、現在の水準から円高になるリスクを減らしたいというのであれば、ドル円をネオモバのFXでショートします。ショートする金額はdポイント投資で運用するポイント数と同程度にします。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)のFXの場合、1通貨単位で取引できるのでdポイント投資額と合わせやすいというのは強みですね!

ドル円をショートする場合、為替が円高になることで利益となり、円安となることで損失となります。dポイント投資の運用額と同程度のドル円ショートをすると、その後で為替がいくら円高・円安になってもショートをした時点から為替変動による損益は発生しなくなります。

正確には円高になるとFXで利益が出るけどdポイント投資では利益が減る(損失が出る)ことになります。円安の場合はその逆ですね。

こういうリスクを回避するための取引をヘッジ取引(為替ヘッジ)といいます。

  • すでに随分円安に進んでいるので、ここで利益確定しておきたい
  • 株式市場はプラスだけど円高に進まれるのが怖い

という時などには有効となるケースもあると思います。

 >>ネオモバ(SBIネオモバイル証券)の申込はこちらから