dポイント投資の攻略ブログ

ポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスなどお得情報発信

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

2020年1月16日 14時前のdポイント追加判断。明日のdポイント投資を予想

f:id:showchan82:20190625144125p:plain新dポイント投資は平日14時までにポイントを追加すれば当日18時にポイント残高に加算されます。

かつての完全な“後出し”はできなくなりましたが、dポイント投資の変動決定の仕組み上、早朝~お昼の14時までの相場変動で、ちょっとだけ先読みできる投資になっています。

このタイムラグを利用して、儲かりそうな日(チャンス日)にポイント投資をするというのが、新dポイント投資の攻略法となります。

こちらの記事シリーズでは、株価指数先物(CFD)の動きと為替の変動から、明日のdポイント投資の変動を予測していきます。

昨晩のNY市場と本日17時のポイント変動

ダウは+0.31%、ナスダックは+0.08%。

米生産者物価指数は市場予想をやや下回る。第一段階の米中通商合意署名が無事通過。

THEOグロースAIはほぼ変わらず。債券は好調でTHEOインカムAIは上昇となりました。為替は仲値は109.95円(前営業日:109.95円)と動かず。

今日もほぼ動かない結果となりそうです。

  • アクティブコース:+0.06%
  • バランスコース:+0.17%

 ※最終予想値です。確定値は17時頃に発表されます。

 

本日14時までのポイント追加、引出の投資判断

さて、それでは本日14時までに、dポイント投資(おまかせコース)には投資(追加)すべきか?引出をするべきかを考えていきましょう。

  引値 調査時点 増減
DAX 13388 13,388 0.00%
FTSE100 7638 7,638 0.00%
NYダウ 28997 29,052 0.19%
NIKKEI225 23863 23,876 0.05%
米国10年国債先物 129.37 129.32 -0.04%
ドル円 109.95 109.92 -0.03%
明日のアクティブコース予測   0.12%
明日のインカムコース予測   0.04%

 

日経やアジア株は微妙ですが、NYダウ先物が強いですね。

現在の数字だとアクティブコースに追加という判断で行きたいと思います。

 

新dポイント投資の攻略法の仕組み

下記の記事に詳しくまとめています。

dp-invest.hateblo.jp

日本時間の午前6時(冬時間)にNY市場の取引時間は終了となります(参考:米国株の取引時間)。

その時点のドル建て株価で17時のdポイント投資の変動が決まります。為替も10時の仲値で当日分の変動が決まります。ここで、当日17時の変動が確定します。

ただ、NYクローズ後も株価は先物市場で取引されており変動していますし、為替も当然変動します。

14時までにポイント追加をすれば当日18時にポイントが追加されます。

そういうわけで、14時までのポイント追加期限内までは“わずかだけど未来をみた状態”で投資ができるわけです。dポイント投資にとってプラスな状況なら、実質的な後出し投資ができるってことになります。

ただ、14時以降も相場は動き続けるわけです。14時までは順調でも、その後に大きなマイナス材料がでて反落して一気にマイナスになるような相場となる可能性は十分に考えられるわけです。

以前のような、ほぼ確実な予想ではありませんが、普通に株や投資信託を買うよりはチャンスが大きい投資方法だと思います。

 現時点の新攻略法の成果

dポイント投資が現在の形になってからの投資結果を紹介します。

私の新dポイント投資攻略法を使った方法と、dポイント投資(アクティブコース)にポイントを入れっぱなしにしている状況との差を比較していきます。

現時点では、新攻略法による運用はそこそこの結果を出しているといえるでしょう。

  新攻略運用 預けっぱなし運用
2019年結果 113.86% 108.98%
2020年結果 99.16% 98.06%
累計 112.90% 106.87%

※2020年1月8日17時時点

 

dポイントを貯めて、チャンスにポイントを大量投下しよう

新dポイント投資では、1日(1アカウント)につき99900ポイントまで追加できます。

大きく上昇する日は大量ポイントを追加することでチャンスには大きなリターンを得たいところです。

dポイントが貯まっていない方は以下のような方法で貯めましょう。

  1. ドコモのサービス利用で貯める
  2. クレジットカードで貯める
  3. d払いで貯める
  4. ポイントカードで貯める
  5. 銀行の利用で貯める
  6. 株主優待で貯める
  7. ポイントサイト、ポイント交換で貯める

詳しくは以下の記事で紹介しています。

dp-invest.hateblo.jp

ドコモユーザーの方なら「dカードGOLD」だけはおすすめしたいところですね。

 

dカードGOLDを作っておけば、ドコモ利用料金の10%が還元されます(通常は1%)。さらにケータイ補償(10万円まで)も付帯するのでキャリアの保険料も節約することができます。

仮にドコモのスマホやドコモ光(ネット回線)で月額15000円の支払いをしているとすれば、10%還元分だけで年間に18000ポイントか還元されます。年会費は11,000円なので年会費はペイ可能です。

>>dカードGOLDの申込はこちら

 

(重要・免責)
重ねてのご案内ですが、dポイント投資の予想は現時点の指数による判断です。投稿時間以降に相場が動けば結果は変わる可能性はありますし、精度もさほど高くないはずです。あくまでも材料の一つとしてご利用ください。ポイント投資も自己責任で。

twitter(@showchan82)もやってます。dポイント投資やその他ポイント、マネー関連の情報を軸につぶやいてますので、よろしければフォローください。