dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

ファミペイ×Tポイントのキャンペーン開始。もれなく50pt & ポイント10倍還元<2020年1月>

f:id:showchan82:20200106190448p:plain

え、今さら?なんて声も聞こえてきそうですが、ファミリーマートとTポイントの連携キャンペーンです。

2020年1月7日~1月27日まで、ファミペイとTポイントを連携して利用することで50ポイントがもれなくもらえるほか、Tポイントと連携済みのファミペイを利用すれば、ポイント10倍になります。

2019年12月はdポイントとの連携キャンペーン」をしていましたが、2020年1月はTポイントですね。ファミペイはdポイント、楽天ポイント、Tポイントの3つのポイントと連携可能で切り替えも可能です。

前回dポイントのキャンペーンに参加した方も設定画面でTポイントに切り替えれば対象になります。

 

キャンペーンで付与されるポイントは通常のTポイントとなります。

ためたTポイントは「ネオモバ」でポイント投資すればTポイントも無駄になりません。積極的に活用しましょう。

dp-invest.hateblo.jp

 >>ネオモバへの登録はこちら

 

キャンペーンの詳細情報

FamiPayを使ったキャンペーンとなります。前回のdポイントのキャンペーンとは違って、FamiPayでの支払いが必要になります。

  1. ファミペイにTポイントカードの登録&レジで提示(50ポイント)
  2. 連携済みのファミペイを提示した上でFamiPay払いでポイント10倍

連携して提示をするだけでも50ポイントが貰えるので利用価値があります。200円以上の商品購入が対象です。これはクリアしましょう。

また、(2)はファミペイとFamiPayという言葉がややこしいですが、ファミペイ(カタカナ)はポイントカードの提示と同じ扱いで、FamiPay払いというのはアプリにチャージをした残高を使って支払いをするという事になります。

FamiPayに残高をチャージして支払いをするとポイント10倍です。

前回のdポイントのキャンペーンは提示だけでよく、実際の決済は別の決済手段でもOKでしたが、今回はそれはダメみたいです。

200円(税込・対象商品)で1ポイント進呈されるショッピングポイントが計算対象となります。(例:200円のお買い物をFamiPay払いされた場合→ショッピングポイント1ポイント+キャンペーンポイント9ポイント=合計10ポイント進呈)

上記の通り、10倍というのは200円で10ポイント(約5%還元)という事になります。

また、200円で1ポイント進呈されるショッピングポイントが対象なので、公共料金の支払い(一律10ポイント進呈)は対象外となります。

上限は1000ポイントまでです。

 

FamiPayへの残高チャージの方法

チャージ方法は「現金チャージ」または「ファミマTカードでチャージ」の方法がありますが、同タイミングで5000円以上の現金チャージでポケチキが貰えるキャンペーンもやっています。

ファミマTカードでのチャージならクレカのポイント還元もありますのでポイント二重取りが可能です。

>>ファミマTカードの申込はこちら

 

ファミマをよく使うならファミマTカードはあったほうがいいと思いますが、キャンペーン時だけ活用というくらいなら現金チャージでも十分かと思います。

10倍といっても実質5%還元なので、必死こいてファミマに行くってほどではないと思いますが、ファミマを使うならやっておくべきって感じでしょうか。