dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

nanacoポイント投資がスタート。トラノコと連携して投資信託が買える

f:id:showchan82:20191125103524p:plain

セブン&アイホールディングスのポイントプログラムである「nanaco(ナナコ)」がポイント投資に利用できるようになりました。

おつり投資アプリなどを提供している「トラノコ」と連携を開始し、トラノコアプリ上でnanacoポイントを使って1ポイント=1円として同社の投資信託を購入することができるようになります。

すでに、トラノコとnanacoはサービス連携をしており、トラノコのアプリにnanacoを連携すると投資額に関わらず毎月20ポイント(nanacoポイント)がもらえるサービスが提供されていましたが、それがさらに強化される形となります。

 

ま、あえて利用するポイント投資ではないよねって話

サービスとしてはあくまでも、おつり投資の「トラノコ」を使っている人向けです。

このトラノコ以下の記事でも書いていますが、致命的な欠陥があります。

dp-invest.hateblo.jp

それは「おつり投資という小額投資をベースとしたものなのに、月額300円の手数料が痛すぎる」っていう事です。

おつり投資ってそもそもチャリンチャリン的に小額を投資していくサービスじゃないですか?設定もよりますが、普通の人だと月間に数千円相当の積立が関の山じゃないですか?

それで月額300円(年間3600円)はさすがに痛すぎます。

サービスを運営している側からすれば、そのくらいのコストはかかっているというのはわかるのですが、小額投資と確実に発生する月額手数料っていうのは相性が悪すぎます。

せめて、最初に100万円なりを投資する前提であればいいと思いますけど……。100万円の運用なら年間3600円の手数料でも0.36%で許容内かなぁと。

 

nanacoポイント投資

一応、そんな前提がある上でのお話です。

nanacoポイント投資は1annacoポイントを1トラノコポイントに交換することができ、そのトラノコポイントを、トラノコで運用している投資信託の投資に充てることができます。

正直、nanacoポイント自体はあまり貯めやすいとは言えないポイントです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーのヘビーユーザーでnanacoやセブンカードプラスをフル活用している方くらいじゃないでしょうか。

アッサリ終了となった7payが導入されるときにポイント還元率が半分にさがり、その後7payが無くなってもポイント還元率は戻らず、ポイント還元2倍キャンペーンをやってはいますが、魅力度は相対的に低下しています。

money-lifehack.com

最近は見なくなりましたが、ポイントサイトとかで、nanacoポイント交換で増量みたいなキャンペーンがあったので、こうしたキャンペーンを活用するならいいかもしれませんね。