ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

2019年10月のクレジットカード、キャッシュレスのキャンペーンまとめ

f:id:showchan82:20190830085327j:plain

消費税増税が行われる2019年10月。国のキャッシュレス・ポイント還元事業もスタートし、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済、コード決済などの各種キャッシュレスが盛り上がることは間違いありません。

そんな、開始直後の2019年10月のクレジットカード、キャッシュレスのキャンペーンをまとめていきます。うまく活用していきましょう。

 

2019年10月~の国のキャッシュレス・ポイント還元事業の仕組

対象店舗でキャッシュレス決済(クレジットカード、デビットカード、電子マネー、交通系ICカード、スマホ決済など)をすると2%(チェーン店等)または5%が還元されるという還元事業になります。

対象は「事前に登録されている中小事業者」となります。

なお、AppStore、GooglePlayに「キャッシュレス」で検索すると対象店舗を探せるアプリをインストールできます。

5%還元対象店舗なら、消費税増税後にお買い物をするほうが逆にお得という事になります。9か月間の時限的措置ですが、上手く活用していきましょう。

 

2019年10月におすすめのキャッシュレスのキャンペーン

さらに、国のポイント還元事業だけでなく、クレジットカード会社やスマホ決済サービスの事業者も引き続き還元キャンペーンをやっています。

国のキャッシュレス・ポイント還元事業と組み合わせて利用することができるものが多く、ダブルで得をすることができます。

  • JCBカード(QUICPayで20%還元。12月15日まで)
  • 三井住友カード(カード決済で20%還元。12月27日まで)
  • PayPay(1.5~5%還元、10月5日は1日限定20%還元)
  • d払い(20%還元。10月14日まで)
  • Origami Pay(その場で3%割引)
  • 楽天ペイ(国のポイント還元事業に限らず一律5%還元)

 上記案件は、国のポイント還元事業に加えての何かしらの還元が行われます。国のポイント還元事業の対象店ならキャッシュレス決済で2%または5%還元なので、それに加えての還元ということになります。

中でも大きいのはJCBカードと三井住友カードの20%還元キャンペーンですね。

 

JCBカード(QUICPayで20%還元。12月15日まで)

dp-invest.hateblo.jp

期間:2019年12月15日まで
決済方法:QUICPay
還元上限:1万円(カード1枚当たり)

20%還元と大きいです。メイン案件にできそうです。JCBカードをApplePayまたはGooglePayに登録して、それでの支払いが20%還元対象です。

還元上限は1万円(5万円相当のお買い物まで)となります。

QUICPayは使えるお店も多く、JCBカード一枚あたりのキャンペーンなので複数枚発行すれば使える上限も倍々で増えます。

国のキャッシュレス・ポイント還元事業とは別なので、5%還元のお店なら25%還元ということになります。

  • JCBのプロパーカード
  • ANA JCBカード
  • JAL JCBカード
  • リクルートカード

というように対象カードを複数持っていれば、複数回対象になるのはいいですね。

>>JCB CARD公式ホームページ

>>ANAカード(JCB)

>>JALカード(JCB)

>>リクルートカード公式ホームページ

 

三井住友カード(カード決済で20%還元。12月27日まで)

dp-invest.hateblo.jp

期間:2019年12月15日まで
決済方法:カード払い
還元上限:8,000円(カード1枚当たり)

三井住友カードを新規に作成して、そのカードでのお支払いが20%還元となります。同時開催で新規入会で4000円キャッシュバックのキャンペーンもやっているので、カード作成1枚当たり12000円の還元です。

4万円のお買い物で8000円還元+4000円=12,000円と考えると実質的には30%還元となります。さらに、国のキャッシュレス・ポイント還元事業は別なので最高で35%還元とできます。

対象は三井住友カードのプロパーカード(一人一枚)なので、一人一回しか使えない点は弱みですが、まだ三井住友カードを持っていない方は大チャンスです。

>>三井住友カード公式ホームページ

 

PayPay(1.5~5%還元、10月5日は20%還元。)

期間:2020年6月30日まで
決済方法:PayPayコード払い、スキャン払い
還元上限:月間1,000円まで

スマホ決済のPayPayもお得です。2019年10月からは「国のキャッシュレス・ポイント還元事業と合算して最高10%還元」を実施します。

  • PayPay負担:5%
  • 国の還元:2%~5%

ということで、キャッシュレス・ポイント還元事業対象店なら7%~10%が合計して還元されるということになります。

PayPay特典はお店によって変わります。

  • 中小事業者:5%(PayPay)+5%(国)=10%
  • チェーン店:1.5%+2%(国)=3.5%
  • 非対象店:1.5%

なお、2019年10月5日は1日限りの20%還元も実施されます。まだ、PayPayを使ったことがないという方は、まずはこのキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか?

>>PayPayインストール(iOS端末用)

>>PayPayインストール(Android端末用)

 

d払い(20%還元。10月14日まで)

期間:2019年10月14日まで
決済方法:d払い(街のお買い物/ネット決済)
還元上限:3000ポイントまで(1回1000ptまで)

d払いのお買い物で利用の20%が還元されます。決済1回あたり1000 pt(5000円相当のお買い物)までとなっており、期間中3000ptが還元上限となっています。

dポイントスーパー還元プログラム」の対象者の方はさらに追加で最大7%還元となるので最高27%還元となります。

上限金額は少ないですが、還元率は高めなので活用していきましょう。

 

Origami Pay(その場で3%割引)

期間:未定
決済方法:Origami Pay
還元上限:3000円まで

Origami Payは2019年10月1日より3%還元を実施します。その場で還元となっていて、国のキャッシュレス・ポイント還元事業分もその場で2~5%差引となります。

  • 非対象店:3%オフ
  • 2%対象店:5%オフ
  • 5%対象店:8%オフ

となります。なお3%還元の対象となるのはOrigami Payの氏はリアを金融機関口座から支払うようにしている場合です。

 

 楽天ペイ(国のポイント還元事業に限らず一律5%還元)

期間:2019年12月2日まで
決済方法:楽天ペイ
還元上限:3000円ポイント(期間中)

楽天ペイは少し変わっています。国のキャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗、非対象店舗に限らずすべてのお店で5%還元となります。

  • 非対象店:5%還元
  • 2%対象店:3%還元
  • 5%対象店:0%還元

となるわけです。どのお店で買っても5%分が還元されるという仕組みになっています。お店によって還元率が違うという状況を逆手に取った還元策ですね。

国のキャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗以外でのお買い物をするケースではお得度がありますね。一方で、ポイント還元事業の対象店舗でのお買い物はあまりお得じゃないということになります。

 

国の消費者還元事業が始まり、キャッシュレス事業者にとっては追い風のこれから、今後も様々な顧客獲得のためのキャンペーンが行われていくと思いますので、上手く活用していきましょう。