dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

お手軽に1万円獲得、カブドットコム証券の株式移管キャンペーンの攻略法

f:id:showchan82:20190802173926j:plain

ネット証券のカブドットコム証券がお得なキャンペーンをやっています。

株式移管キャンペーンということで、なんか面倒そうだし、自分は対象じゃないんじゃない?と思われる方も多いかもしれませんが、簡単なキャンペーンで実質1万円もらえちゃうようなキャンペーンなので上手く、落ちているお金を拾っていきましょう。

お手軽に挑戦できますので、この週末を使って準備しましょう。

 

キャンペーンの概要と攻略法

期間:2019年8月末まで

対象期間中、株式(ETF、ETN、REIT含む)をカブドットコム証券へ入庫いただき、条件を達成すると最大10,000円をプレゼントいたします。この機会にぜひ、株式(ETF、ETN、REIT含む)の入庫をご検討ください。

要するに、他の証券会社で保有している株式をカブドットコム証券に移管(証券会社間の保有株式の引越し)をすれば、その数に応じて最大1万円が必ずもらえるというキャンペーンです。

ちなみに1単元で1000円で10単元で1万円が上限です。10単元というのは現状なら1000株です。

証券会社の引越しといっても全部を動かす必要はなく、一部銘柄のみの移管が可能です。なのでカブドットコム証券と別の証券会社に1つ口座を持っていれば、株を移し替えるだけで1万円もらえちゃうわけです。

別の証券会社で1000株買って、それをカブドットコム証券に移せばOKというわけです。それだけだと複雑そうに感じるかもしれませんが、滅茶苦茶簡単です。

 

攻略の準備

カブドットコム証券ともう一つ証券会社(移管元)が必要になります。

すでに口座をお持ちの方は準備はできています。まだの方は先に口座だけ作ってしまいましょう。

当然ですが、カブドットコム証券は必須。もう一つはどの証券会社でもいいですが、個人的にはポイントが貯まりやすい楽天証券をお勧めします。なお、野村證券とか大和証券とかの大手の場合、移管時に手数料がかかりますので、ネット証券がおすすめです。

※以下で紹介する移管の手続きの説明は楽天証券をベースに紹介していきます。

>>カブドットコム証券公式ページ

>>楽天証券公式ページ

 

カブドットコム証券から1万円を貰おう。移管キャンペーン活用

口座開設済みとして、手続きの流れとしては以下の通りです。

  1. カブドットコム証券のサイト内で移管キャンペーンにエントリー
  2. 楽天証券で何でもいいので株を1000株購入する
  3. 楽天証券のサイトから「移管」の手続きをする(WEB完結)
  4. 1週間弱待つ

これで完了です。

 

1000株購入する

すでに移管してもいい株をお持ちであれば(2)は省略できます。今回のキャンペーンは10単元(100株×10単元=1000株)なので、1000株を移管しましょう。

1000株かぁと思われるかもしれませんが、低位株(株価水準が低い企業)を購入すれば必要資金は数千円~数万円でOKです。

  • アジア開発キャピタル:7円
  • ランド:7円
  • 原弘産:12円
  • クレアホールディングス:15円
  • 中外鉱業:20円

とかの銘柄があります。“対象期間中、入庫株式を売却しても判定には影響ありません。”とありますので移管後はすぐに売却してもかまいません。

ここまでの低位株、ボロ株は怖いという方は、みずほFG(156円)など、大きな会社でも比較的株価水準が低い銘柄もあるのでこの辺りを狙っていけばいいと思います。

また、1銘柄で1000株である必要はなく2銘柄で500株ずつとかでもOKです。ただ売買にかかる手数料を考えたら1銘柄で1000株を買う方が手数料を節約できます。

 

楽天証券のサイトから「移管」の手続きをする(WEB完結)

楽天証券の場合、WEB上で移管の手続きをすることができます。

  1. ログインする
  2. >お客様情報の変更・設定
  3. >移管・買取請求
  4. >日本株式を「楽天証券から他社へ」の申込
  5. >カブドットコム証券に☑
  6. >カブドットコム証券の口座情報入力
  7. >次へ
  8. >移管する銘柄を☑
  9. >確認>株式移管をクリックして完了

これで手続きは終わりです。あとは待っていればカブドットコム証券に移管されます。私の場合、数日で移管完了となりました。

 

これで1万円もらえます。結構というか、かなり美味しいと思います。すでに口座をお持ちの方はマスト案件でしょう。

>>カブドットコム証券公式ページ

>>楽天証券公式ページ

 

注意点としては、期間が8月末までとなっているので、新規に口座開設から始める場合、今週、来週の頭くらいで動かないと移管まで考えると期日がややタイトだという事でしょうか。

せっかくの落ちているお金ですから拾っていきましょう。