dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

dポイントスーパーチャンスがスタート!2019年8月は最大10%還元

2019年8月1日~8月31日までの間、ドコモの共通ポイントカードであるdポイントカードの提示で最大+3%のポイント還元となるキャンペーン“dポイントスーパーチャンス”が開催されます。

たとえば、100円ごとに1ポイントが通常もらえる加盟店の場合、通常ポイントに加えて100円ごとに3ポイントが付与され+3%(4%還元)となります。

dポイントのキャンペーン、うまく活用していきましょうね。

dポイントスーパーチャンス キャンペーンの概要

 まずは、ざっくりとキャンペーンの概要

  • dポイントカードの提示で+3%
  • 2019年8月1日~31日
  • 上限:1万ptまで
  • dポイントスーパー還元プログラムと併用可能
  • 要エントリー

dポイントスーパー還元プログラム」と併用ができるので、dポイント加盟店かつ、d払い、またはiDで決済ができるお店なら最大10%還元が期待できます。

  • dポイント加盟店:+3%(スーパーチャンス)
  • d払い、iD決済:+7%(スーパー還元プログラム)

スーパーチャンス+スーパー還元プログラムで最大+10倍

スーパーチャンス+スーパー還元プログラムで最大+10倍

ということになります。過去のスーパーチャンス(スパチャン)と比較すると10%還元は、還元率が低めに見えるかもしれませんが、条件的には緩いので取り組みはしやすいかと思います。

 

対象のdポイントカード

対象のdポイントカード

クレジットカードのdカードに限定されるわけではないので、普通のdポイントカードでOKです。

 

dポイント加盟店でポイント還元が違うのでご注意

dポイントカード加盟店は100円ごとに1ポイント還元(1.0%)のお店と200円ごとに1ポイント還元(0.5%)のお店があります。

今回のdポイントスーパーチャンスについてはどちらのお店であっても、追加されるのは3%となります。

100円に1ポイントのお店なら、100円ごとに1ポイント+3ポイントがもらえます。一方で200円に1ポイントのお店なら200円ごとに1ポイント+6ポイントがもらえることになります。

キャンペーンでもらえる還元率は+3%ですが、計算単位は少し違うのでご注意ください。

 

dカードのiD決済時にdポイントカード提示の扱いになる?

あと、今回のdポイントスーパーチャンスでは、「dポイントカード提示+iD決済」という支払いをする方も多いと思います。

この時、dカード(またはdカードGOLD)に付帯しているiDで決済をするとき、dポイントカードの提示は必要なのかどうか?という疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

dカードでiD支払いをすればdポイントカードを提示したことになるのか?ならいのか?

答えは、“なるケースもあればならないケースもある”ということです。

通常のdポイント加盟店はNGですが、dカード特約店の場合はOKとなります。

ただ、多くの場合は“ならない”ので、iD決済をするという場合は、dポイントカードの提示もしましょう。

たとえば、ローソンでお買い物をする場合、iD決済だけではダメです。ちゃんとdポイントカード番号を読み取ってもらってから、iDで支払いをするようにしましょう。

 

今回はポイントカード提示が条件なので決済は別でもOK

dポイントを軸に稼ぐのであればdポイントカード×iD(またはd払い)がおすすめなのですが、お店によってはdポイントカードの提示だけをして他の決済手段を利用するというのもOKです。

たとえば、ローソンでdポイントカードを提示しておきながら、Line Payでするなんてことも可能です。最近は色々なキャッシュレスサービスで優待があるので、うまく活用していきましょう。