dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

2019年7月10日 14時前のdポイント追加判断。明日のdポイント投資を予想

f:id:showchan82:20190625144125p:plain

新dポイント投資は平日14時までにポイントを追加すれば当日18時にポイント残高に加算されます。

dポイント投資の変動決定の仕組み上、早朝~お昼の14時までの相場変動部分が、ちょっとだけ先読みできる投資になっています。

このタイムラグを利用して、儲かりそうな日(チャンス日)だけポイント投資をするというのが、新dポイント投資の攻略法となります。

私は、株価指数先物(CFD)の動きと為替の変動から、明日のdポイント投資を予測していきます。

※dポイント投資の判断としては使えるものかどうか、現時点では自信がありません。とりあえず実験的にやっているものだとご理解ください。

先日のNY市場と本日17時のポイント変動

ダウは小幅続落、NASDAQはやや反発。債券は売り越しとなっています。

パウエルFRB議長の議会証言を控えており、売買がやや手控えられました。

一方で為替は円安がさらに進行。ドル円(仲値)は109.01円となっています。

そんなこんなで2019年7月10日17時の変動はややアクティブコース、バランスコースともにややマイナスとなる見込みです。

 

本日14時までのポイント追加の投資判断

さて、それでは本日14時までに、dポイント投資(おまかせコース・アクティブコース、バランスコース)には投資(追加)すべきか?そうでないかを考えていきたいと思います。

本日の国内相場はプラス圏、マイナス圏を行き来しながら、方向感のない展開となっています。中国は寄り付きはやや良かったものの垂れている状況。香港はマイナス。NYダウ先物はプラマイゼロ付近。

現在の株価指数や米国債先物、為替は前回引値(清算値・仲値)より以下のように変動しています

  引値 調査時点 増減
DAX 12441 12,446 0.04%
FTSE100 7577 7,594 0.22%
NYダウ 26742 26,763 0.08%
NIKKEI225 21605 21,614 0.04%
米国10年国債先物 127095 127055 -0.03%
ドル円 109.01 108.91 -0.09%
明日のアクティブコース予測   0.04%
明日のインカムコース予測   -0.04%

あまり方向感はない感じになっています。最近の相場はFRBの利下げがキーワードになって動いてきたところもあるため、本日の議会証言待ちですね。

私の方針としては、新dポイント投資は朝の価格決定以降の値動きでアドバンテージがあるときに投資(ポイント追加をする)という事にしています。

特に本日は米国時間に重要イベントがあるので、このタイミングで投資判断はしにくいです。特にチャンスとはいえないので、本日もパスします。

(重要・免責)
重ねてのご案内ですが、予測値は現時点です。ここから相場が動けば結果は変わる可能性はありますし、予測精度もさほど高くないはずです。あくまでも材料の一つとしてご利用ください。ポイント投資も自己責任で。

 

新dポイント投資の攻略法の仕組み

dp-invest.hateblo.jp

上記の記事に詳しくまとめています。

日本時間の午前6時(サマータイム中は5時)にNY市場の取引時間は終了となります(参考:米国株の取引時間)。

その時点の株価で17時のdポイント投資の変動が決まります。為替も午前10時の仲値で当日分の変動が決まります。

ただ、NYクローズ後も株価は先物市場で取引されており変動していますし、為替も当然変動します。

当日14時までにポイント追加をすれば当日18時にポイントが追加されます。

そういうわけで、14時までのポイント追加期限内までは“わずかだけど未来をみた状態”で投資ができるわけです。特にdポイント投資にとって特にプラスな状況なら、実質的な後出し投資ができるってことになります。

ただ、本日の結果予測に対して、さらに今朝~現時点までの動きを予測するという二重の予測になっているためブレ幅はこれまでのdポイント投資よりも、大きくなります。

さらに、14時以降も相場は動き続けるわけです。14時までは順調でも、その後に大きなマイナス材料がでて反落して一気にマイナスになるような相場となる可能性は十分に考えられるわけです。

改悪前のような、ほぼ確実な予想ではありませんが、普通に株や投資信託を買うよりはチャンスが大きい投資方法だと思います。

twitter(@showchan82)もやってます。dポイント投資やその他ポイント、旅関連の情報を軸につぶやいてますので、よろしければフォローください。

あと、はてブとかもしてくれたら大変喜びます。

 

dポイントを貯めて、チャンスにポイントを大量投下しよう

新dポイント投資では、これまでのような1日2000ptの追加上限が撤廃されています。なので、大きく上昇する日は大量ポイントを追加することでチャンスには大きなリターンを得たいところです。

チャンス日に備えてdポイントを大量に確保しておきましょう。

  1. dカード / dカードGOLD
  2. ポイントサイトで稼ぐ

dカード / dカードGOLD

ドコモのクレジットカードになります。特にドコモ回線契約者の方はdカードGOLDを作っておけば、ドコモ利用料金の10%が還元されてお得です。さらにケータイ補償(10万円まで)も付帯するので保険代わりにもなります。

年会費は1万円+税ですが、年会費のモトをとるのが簡単なカードです。

年会費無料にこだわるなら一般カードですね。お買い物で1%分+αのdポイントが貯まります。

>>dカード一般カード公式ホームページ

>>dカードGOLD公式ホームページ

ちなみに、今クレカを作るならdカードもいいですけど、「イオンカード」も超おすすめです。なんと20%キャッシュバック。詳しくは↓↓↓

dp-invest.hateblo.jp

 

ポイントサイトで稼ぐ

あとは、ポイントサイトで稼ぐ方法もありますね。

ポイントサイトって何?胡散臭いなぁ?という方は「ポイントサイトを使ってdポイントを効率的&最短で大量に貯める方法 」の記事もご一読ください。

dポイントに直接ポイント交換できるの「ポイントタウン」と「ライフメディア」がポイント還元還元案件も豊富かつ、ポイントも貯めやすくオススメ。

ポイントン貯めやすさだとポイントタウンですが、ライフメディアはポイント交換をしてからdポイントに交換されるまでの期間の短さが大きな強みとなっています。

>>ポイントタウン公式ホームページ

>>ライフメディア公式ホームページ

 

大きく動いてくれるといいんですけど、なかなかそうもいきませんね。