dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

新生銀行に口座開設+預金で最大5000dポイントがもれなくもらえるキャンペーン

f:id:showchan82:20190510111602p:plain

新生銀行という銀行があります。

こちらの銀行では銀行サービスの利用でdポイントが貯まる「新生ポイントプログラム」というものを提供しているのですが、この連携を記念したキャンペーンが展開されていて、口座開設+預金で最大5000dポイントがもれなくもらえるキャンペーンをやっています。

全部の条件達成は難しいかもしれませんが、やっておいて損はないと思います。

>>新生銀行公式ホームページ

 

新生銀行への口座開設から3か月以内の条件達成でポイントプレゼント

  1. 口座開設&新生ポイントプログラムにdポイント登録で100P
  2. 初めてのログインで200P
  3. 初めての振込で300P
  4. 3カ月物円定期預金で最大2400P
  5. ステージ条件達成で2000P

となります。

 

(1)口座開設&新生ポイントプログラムにdポイント登録で100P

2019年4月以降に口座開設を完了後(当行からキャッシュカード等をお受取後)、口座開設月を含む3ヵ月以内にポイントプログラムにエントリーいただくこと。

これは簡単ですね。なお、ポイントプログラムにエントリーする際はdポイントクラブ会員番号が必要になります。番号は、dポイントクラブの会員ページにログインすれば確認できます。

ちなみに、以下の項目はすべて「ポイントプログラムエントリー」が前提となりますので、新生銀行に口座開設をしたら、まずはdポイント会員番号でエントリーするのを忘れないようにしてくださいね。

 

(2)初めてのログインで200P

口座開設月を含む3ヵ月以内に新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)へログインすること。

簡単ですね。口座開設後に届くログイン情報(ID、パスワード)でログインしましょう。dポイント会員番号の登録はオンラインでやると思うので、(1)と同時に達成されるはずです。

 

(3)初めての振込入金で300P

口座開設月を含む3ヵ月以内に他の金融機関から1回1万円以上、口座へ振込入金があること。

他行からの振り込みがあればOKです。「振込手数料無料の銀行」などもありますので、こうした銀行を使えばコストを掛けずに300Pを丸々ゲットできますね。

 

(4)3カ月物円定期預金で最大2400P

口座開設月を含む3ヵ月後末日時点の3ヵ月円定期預金の合計残高が30万円以上あること。

  • 30万円以上:400P
  • 100万円以上:1400P
  • 300万円以上:2400P

後述しますが、新生ゴールド基準を考えると100万円預金がいいかもしれないですね。この場合だと1400dポイントがもらえます。

 

(5)ステージ条件達成で2000P

口座開設月を含む5ヵ月目の新生ステップアッププログラムのステージが「新生ゴールド」以上であること。

新生銀行では預金残高などの条件を満たすことで、会員ランクがアップする「新生ステップアッププログラム」というものが用意されています。その内、ゴールドの条件を満たせば2000dポイントがもらえます。

  • 総資産が200万円以上(外貨預金・投資信託を含む)
  • 投資信託や外貨預金など投資商品残高が30万円以上
  • 新生パワートラスト(金銭信託)の20日時点の残高合計が100万円以上
  • 普通預金・定期預金が100万円以上
  • カードローン残高が100万円以上
  • 新生アプラスゴールドカード(発行:アプラス)の自動引き落とし口座に新生銀行を設定
  • 自動積立型外貨預金の引き落としがある
  • 積立投信を行っている
  • THEO+新生銀行で引き落としがある
  • 新生銀行FXで10万通貨以上の約定取引がある

上記の一つ以上を満たせば新生ゴールドとなります。で、今回のキャンペーンであれば、3か月満期の定期預金(100万円)を預けてれば、ゴールドになれますし、一緒に定期預金のポイントも獲得できるので、これが単純にいいかなと思います。

 

まとめです。

100万円以上の定期預金(3か月)ができるなら、それだけで4000dポイントがノーリスクでもらえるわけなので決して悪くないと思います。

ちなみに本キャンペーンとは別に、2019年5月31日までに「新生ポイントプログラム」に登録をすれば、もれなく全員総額1000万円分のポイント還元(一人上限200P)がもらえるキャンペーンもやってます。

うまくキャンペーンを活用していきましょう。

 

>>新生銀行公式ホームページはこちら