dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

2019年4月25日:dポイント投資 株安債券高。本日は為替のおかげでバランスコースはプラス?

f:id:showchan82:20190218090011p:plain

この記事を書いているのは午前10時ごろです。日時は注記がない限り日本時間です

  • NYダウ:-59.34ドル
  • NASDAQ:-18.8ポイント
  • 米国債利回り:2.518%(前日:2.569%)
  • 為替レート(仲値):112.28円(前日:111.95円)

 

dポイント投資攻略。本日のポイント投資予想

そもそもdポイント投資って何?なんでそんなの使うの?という方はこの記事の少し下の方で解説しているので、先にそちらをご一読ください。

dポイント投資はTHEOが運用している「THEOグロースAI」と「THEOインカムAI」という二つの投資信託を使って運用しています。

THEOグロースAIは世界の株式市場、THEOインカムAIは世界の債券市場に連動します。どちらも米ドル建てのETFで投資されているので、これに10時ごろ確定するドル円の為替レート(仲値)を加味してやれば、当日の結果が予測できます。

この予想を利用して、当日のポイント投資を判断していきます

 

先週末の海外マーケットとdポイント投資を攻略

本日のdポイント投資の結果を左右する海外マーケットの動向はどうだったでしょうか?

NYダウ、ナスダックともに、0.2%ほどのマイナス。原油価格の下落でエネルギー関連銘柄が足を引っ張った格好です。債券は続伸しました。

株安・債券高の状況で、最終的なdポイント投資の結果は為替次第という流れになりました。

10時の仲値は112.28円と円安になりました。おかげでバランスコースはプラスになりそうです。

  • アクティブコース:-0.14%
  • バランスコース:+0.16%

最近、誤差が大きいので、マイナスになる可能性もゼロじゃないですが、私はバランスコースで勝負します。

※増減率はTHEOグロースAI、THEOインカムAIの資産配分を推測して計算した推計値です。損したとかクレーム言われても一切対応しませんのであしからず。

 

                                                                        

なぜdポイント投資をするのか?勝率100%のポイント運用解説

dポイント投資は前日のニューヨーク市場の結果で投資判断が可能な投資となっています。

そのため、当日の上下がほぼ予想できます。リアルタイムで追加(入金)と引出(出金)が可能なため、負けない投資が可能になります。なんで?という質問は以下記事で詳しく解説しています。

dp-invest.hateblo.jp

このブログではそんなdポイント投資の本日の予想をしていきます。

 

ほぼ100%勝てる投資だけど一日のポイント追加には上限が

現在、一日に加算できるポイント数に制限(1日2000ポイントまで)があります。勝てる投資なら元本が大きいほど有利になります。

そのため、dポイント投資で賢く儲けるには少しだけ工夫が必要です。

  1. THEO+docomoの利用で後出し可能なポイントを5倍(1万ポイント)にする
  2. dカードやポイントサイトを活用してdポイント投資の原資を増やす

この2つです。

 

THEO+docomoの利用で後出し可能なポイントを5倍(1万ポイント)にする

THEO+docomoは投資信託を使って自動投資をしてくれるサービス。投資サービスの良し悪しは関係なく、THEO+docomoを利用していれば、dポイント投資の1日の追加可能額が1万ポイント(5倍)に増額されることに注目です!

dp-invest.hateblo.jp

1日当たりの上限なので、前日+当日を組み合わせれば2万ポイントまで、完全後出しで投資可能です(連騰すれば、以降1日当たり1万ポイント加算可能)。

dポイント投資やるならTHEO+docomoは押さえておきたいところですね。私も利用してます!

>>THEO+docomo公式ホームページ

 

dカードやポイントサイトを活用しdポイント投資の原資を増やす

dポイント投資で1%勝ったとしても運用ポイントが1000Pなら10円にしかなりません。一方、10万ポイントなら1000円になります。投資元本dポイントはできるだけたくさん貯めて投資に回しましょう。

お買い物でdポイントを貯めるならdカードがおすすめ。ショッピング額の1%相当のdポイントを貯めることができます。

ドコモユーザー(ドコモのスマホやドコモ光を利用している方)であれば、dカードGOLDがおすすめです。

年会費は1万円+税ですが、ドコモ利用料金(+ドコモ光)の10%がdポイント還元されるので、月に1万円以上をドコモに払っているなら年会費分はdポイントでペイできます。

dカードGOLDについて詳しくは「ドコモユーザー必携のdカードGOLDの活用術」の記事でも紹介しています。dカードGOLDを使ってdポイントをお得にためていきましょう!

>>dカードGOLD公式ホームページ

 

ポイントサイトとの組み合わせでさらに効率アップ

さらに大量のdポイントを貯めたい方は、「ポイントサイト」も活用すれば、dポイント獲得ペースをブーストすることもできます

ポイントサイトを利用することでポイントがもらえるサイトで、貯めたポイントはdポイントにも交換することができます。

短期間で数万単位のポイントを獲得できる広告案件もあるので、活用していきましょう。

ポイントサイトって何よ?胡散臭いな?という方は「ポイントサイトを使ってdポイントを効率的&最短で大量に貯める方法 」の記事もご一読ください。

dポイントに直接ポイント交換できるのは「ポイントタウン」と「ライフメディア」がおすすめです。

ポイントタウンは広告案件数の多さが魅力で、ライフメディアは最短翌日にはポイントをdポイントに交換できる速さが魅力です。

どちらも会員登録(無料)でポイントがもらえます。

>>ポイントタウン公式ホームページはこちら

>>ライフメディア公式ホームページはこちら

 

 dポイント投資、少し面倒に見えるかもしれませんが、取り組んでしまえば、あとは追加か引き上げをするだけで簡単です。ほぼノーリスクでお金(ポイント)を増やせるサービスなので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

 

なお、twitter(@showchan82)もやってます。dポイント投資やその他ポイント関連を軸につぶやいてますので、よろしければフォローください。

 

今日、気になったこと

楽天銀行でも楽天銀行デビットカードを使うことで10%分の現金キャッシュバックキャンペーンが行われています。

参考:

<2019年4月>楽天銀行デビットカードを使ったお買い物で10%分が現金キャッシュバック - 楽天ポイントのポイ活研究所

最大5万円まで、5000円のキャッシュバックが期待できます。いや、そんなにお買い物するものないよ……。という方にお勧めなのは電子マネーへのチャージです。

たとえば、楽天銀行デビットカードはnanacoへのチャージ(オンラインでのクレジットチャージ)が可能です。通常のポイント付与はnanacoチャージ対象外となっていますが、10%のキャッシュバックの対象にはなります。

5万円分のnanacoチャージを実質45,000円で可能ということになります。

 

チャージしたnanaco残高は公共料金の支払いなどに使えますし、別のPOSAカードの購入にも使えます。

money-lifehack.com

d払い、iD払いのドコモのキャンペーンもあって、キャンペーン管理も大変ですが、それぞれうまく使っていきましょう。

このブログについてのお問い合わせはこちらをご覧ください。