dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

2019年4月15日:dポイント投資 本日は為替に助けられてプラス

f:id:showchan82:20190218090011p:plain

この記事を書いているのは午前10時ごろです。日時は注記がない限り日本時間です

  • NYダウ:+269.25ドル
  • NASDAQ:+36.80ポイント
  • 米国債利回り:2.562%(前日:2.499%)
  • 為替レート(仲値):112.01円(前日:111.80円)

dポイント投資攻略。本日のポイント投資予想

そもそもdポイント投資って何?なんでそんなの使うの?という方はこの記事の少し下の方で解説しているので、先にそちらをご一読ください。

dポイント投資はTHEOが運用している「THEOグロースAI」と「THEOインカムAI」という二つの投資信託を使って運用しています。

THEOグロースAIは世界の株式市場、THEOインカムAIは世界の債券市場に連動します。どちらも米ドル建てのETFで投資されているので、これに10時ごろ確定するドル円の為替レート(仲値)を加味してやれば、当日の結果が予測できます。

この予想を利用して、当日のポイント投資を判断していきます

 

先週末の海外マーケットとdポイント投資を攻略

本日のdポイント投資の結果を左右する海外マーケットの動向はどうだったでしょうか?

NYダウは1%、ナスダックは0.4%と大きめの上昇となりました。

JPモルガンの決算上振れやディズニーの動画配信サービスの発表(12%上昇)などの個別要因もありダウ平均は大きく上昇しました。

一方で、米国債券は売られました。

ドル円(為替)も仲値が112.01円となり、やや円安のサポート。本日のdポイント投資の予想値は以下のようになります。

  • アクティブコース:+0.71%
  • バランスコース:+0.39%

債券安の株高なので、本日はアクティブコース一択ですね。

※増減率はTHEOグロースAI、THEOインカムAIの資産配分を推測して計算した推計値です。損したとかクレーム言われても一切対応しませんのであしからず。

 

                

なぜdポイント投資をするのか?勝率100%のポイント運用解説

dポイント投資は前日のニューヨーク市場の結果で投資判断が可能な投資となっています。

そのため、当日の上下がほぼ予想できます。リアルタイムで追加(入金)と引出(出金)が可能なため、負けない投資が可能になります。なんで?という質問は以下記事で詳しく解説しています。

dp-invest.hateblo.jp

このブログではそんなdポイント投資の本日の予想をしていきます。

 

ほぼ100%勝てる投資だけど一日のポイント追加には上限が

現在、一日に加算できるポイント数に制限(1日2000ポイントまで)があります。勝てる投資なら元本が大きいほど有利になります。

そのため、dポイント投資で賢く儲けるには少しだけ工夫が必要です。

  1. THEO+docomoの利用で後出し可能なポイントを5倍(1万ポイント)にする
  2. dカードやポイントサイトを活用してdポイント投資の原資を増やす

この2つです。

 

THEO+docomoの利用で後出し可能なポイントを5倍(1万ポイント)にする

THEO+docomoは投資信託を使って自動投資をしてくれるサービス。投資サービスの良し悪しは関係なく、THEO+docomoを利用していれば、dポイント投資の1日の追加可能額が1万ポイント(5倍)に増額されることに注目です!

dp-invest.hateblo.jp

1日当たりの上限なので、前日+当日を組み合わせれば2万ポイントまで、完全後出しで投資可能です(連騰すれば、以降1日当たり1万ポイント加算可能)。

dポイント投資やるならTHEO+docomoは押さえておきたいところですね。私も利用してます!

>>THEO+docomo公式ホームページ

 

dカードやポイントサイトを活用しdポイント投資の原資を増やす

dポイント投資で1%勝ったとしても運用ポイントが1000Pなら10円にしかなりません。一方、10万ポイントなら1000円になります。投資元本dポイントはできるだけたくさん貯めて投資に回しましょう。

お買い物でdポイントを貯めるならdカードがおすすめ。ショッピング額の1%相当のdポイントを貯めることができます。

ドコモユーザー(ドコモのスマホやドコモ光を利用している方)であれば、dカードGOLDがおすすめです。

年会費は1万円+税ですが、ドコモ利用料金(+ドコモ光)の10%がdポイント還元されるので、月に1万円以上をドコモに払っているなら年会費分はdポイントでペイできます。

dカードGOLDについて詳しくは「ドコモユーザー必携のdカードGOLDの活用術」の記事でも紹介しています。dカードGOLDを使ってdポイントをお得にためていきましょう!

>>dカードGOLD公式ホームページ

 

ポイントサイトとの組み合わせでさらに効率アップ

さらに大量のdポイントを貯めたい方は、「ポイントサイト」も活用すれば、dポイント獲得ペースをブーストすることもできます

ポイントサイトを利用することでポイントがもらえるサイトで、貯めたポイントはdポイントにも交換することができます。

短期間で数万単位のポイントを獲得できる広告案件もあるので、活用していきましょう。

ポイントサイトって何よ?胡散臭いな?という方は「ポイントサイトを使ってdポイントを効率的&最短で大量に貯める方法 」の記事もご一読ください。

dポイントに直接ポイント交換できるのは「ポイントタウン」と「ライフメディア」がおすすめです。

ポイントタウンは広告案件数の多さが魅力で、ライフメディアは最短翌日にはポイントをdポイントに交換できる速さが魅力です。

どちらも会員登録(無料)でポイントがもらえます。

>>ポイントタウン公式ホームページはこちら

>>ライフメディア公式ホームページはこちら

 

 dポイント投資、少し面倒に見えるかもしれませんが、取り組んでしまえば、あとは追加か引き上げをするだけで簡単です。ほぼノーリスクでお金(ポイント)を増やせるサービスなので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

 

なお、twitter(@showchan82)もやってます。dポイント投資やその他ポイント関連を軸につぶやいてますので、よろしければフォローください。

 

今日、気になったこと

先週Amazonプライムが値上げされましたが、これを受けてAmazon mastercardゴールドカードのAmazonプライム特典(年会費込)が話題になっています。

10,800円のクレカで年会費割引を利用したら6,480円の値引きが受けられる。結果、Amazon mastercardゴールドカードの年会費は4,320円になります。

Amazonプライムの年会費は4,900円に値上げされているので差引で580円儲かるってな話ですね。

参考:Amazonで一番お得なクレジットカードを徹底比較 | Money Lifehack

で、私の気になって調べてみました。

Amazonゴールドの年会費割引は2年目から?

Amazonゴールドの年会費割引は2年目から?

と、公式サイトに上のような記載がありました。額面通りだと年会費優待は2年目から。初年度はWEB明細サービス(1,080円割引)が使えないそうです。

となると初年度は5,400円の年会費が必要になるので、差額は500円です。ということは2年目になってやっとAmazonゴールドの方でモトが取れるってことになるんですね。

再値上げがあっても年会費が変わらないようならメリット大きそうですが、プライム年会費の値上げで同カードの年会費がどうなるのか気になるところです。

このブログについてのお問い合わせはこちらをご覧ください。