ポイント投資の攻略ブログ

ポイ活と投資を融合させたポイ活投資を実践して資産運用

今、オススメの案件

Kindle100%ポイント還元本のリスト
キャンペーンやキャッシュレスでポイント錬金術

Tポイント投資のネオモバ(SBIネオモバイル証券)が開業!個別株にTポイントで投資できる

f:id:showchan82:20190412190832p:plain

ポイント投資サービス目白押しの中、最大手のTポイントもいよいよ2019年4月10日にサービスローンチです。

ネット証券最大手のSBI証券とタッグを組む形でSBIネオモバイル証券(ネオモバ)が開業しました。ポイント投資のために証券会社を作ってしまうという力の入れようです。

dポイント投資のような、言い方は悪いですがお遊び的なサービスじゃなくてしっかりと資産運用をする人向けのサービスになっています。

ポイントで個別株投資についてはSTOCK POINTがありますが、こちらと比較すると出来栄えはかなり良いと思います。

SBIネオモバイル証券公式ホームページ

 

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とTポイント投資

基本的には株式の購入の際にTポイント払いができるものになっています。ポイントのまま運用するのではなく、1ポイント=1円として株を買い付ける格好になっています。

買付単位は1株単位となっており、単元株(100株)よりも少ない単元未満株取引がデフォルトとなっています。

100円とか200円から株が買えるわけですね。

手数料体系は独特で月額制です。最低200円~であとは月間取引額に応じて上がっていきます。

  • 50万円以下:220円
  • 300万円以下:1,100円
  • 500万円以下:3,300円
  • 1000万円以下:5,200円

税込。また、ネオモバでは月額手数料発生時に200円分の期間固定Tポイントがもらえます。このポイントは株式の買い付けにも利用できますので、月50万円以下の株の売買なら実質20円のコストになります。

50万円以下で20円の手数料って普通に株を買う人からすると、別にそんなに安くないと思うかもしれませんが、ネオモバは単元未満株取引(1株単位の株投資)ができます。

例えばですけど、300円の株を1000回購入しても、30万円分の取引なので実質手数料はトータル20円で済むわけです。これはスゴイことだと思います。

一般に単元未満株取引は手数料率が高めに設定されているので、株を小額投資で始めたいという人にとってはかなり魅力的です。

 

Tポイントの現金化にも使えたりする

投資したTポイントはTポイントに戻すことはできず、株を売却した場合は現金になります。

そのため、Tポイントを現金化したいというニーズにも活用できます。

Tポイントを現金化するには、これまでジャパンネット銀行を通じて85%のレートでしか交換できませんでした。

money-lifehack.com

ところが、SBIネオモバイル証券でTポイント投資ができるようになったことで、「Tポイントで株を買う」「株を売る」とすれば、株価の変動による増減はありますが、ほぼ100%に近いレートで現金化できるというのは一つのメリットと言えるかもしれません

 

Tポイント投資(SBIネオモバイル証券)は利用価値ある?

ポイ活的な旨み(ポイント交換やらでポイントを増やす)は正直あまり大きくはありません。

ただし、小額投資が可能なこと、月額手数料制で月50万円までは手数料無料というスペックはポイント投資という小額投資との相性はすこぶる良いです。

 

ポイント投資で得をするというよりも、株式投資に興味があって毎月少しずつ株の積立投資をやっていきたいと考えている人に大きなメリットがありそうな感じです。

実際のところ、1株単位で株の売買ができる単元未満株取引というのは手数料がやや高めです。それを実質無料でやれるというのは良いサービスだと思います。

数百円単位で株を買い付け出きるサービスとしては秀逸です。

私も開業当初から使っていますが、投資初心者・入門者はもちろんですが、投資経験者にとってもメチャクチャ使い道があるネット証券です。

詳しい活用方法は以下の記事でも紹介していますのでぜひ、ご一読ください。

dp-invest.hateblo.jp

メインの証券会社にはなりませんが、このブログを読まれているような、ポイントを貯めることを普段から実践している方にはサブの証券会社としてかなり使い勝手がいい証券会社だと思います。

SBIネオモバイル証券公式ホームページ

 

(追記)ちなみに、ネット証券最大手のSBI証券もTポイント投資(投資信託購入)ができるようになりました。

dp-invest.hateblo.jp