dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。その他の投資やポイント活用、キャッシュレスについても紹介します

おすすめ記事

これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法
dポイント投資の仕組みと大きく勝つための準備やコツを紹介

日興フロッギーを実際に試した口コミとメリット、デメリット
dポイントを使って株式投資、dポイントの出口(現金化)にも最適!

dポイントのポイント共有グループの作り方とdポイント投資への活用方法(ドコモ)

f:id:showchan82:20190322192204p:plain

dポイントは共有グループというものを設定できます。普通ポイントは会員(ID)ごとに管理されるものですが、dポイントの場合、共有グループに設定されているアカウントのポイントを共有して管理/使用することができるようになっています。

だれか一人(一つのID)が代表会員となり、その代表会員に他のIDを紐づけすることでポイントをひとまとめにして使用することができます。

上手く使えば複数のキャンペーンやサービスで上手にdポイントを貯める/使うことができます。

 

ポイント共有グループの基本ルール

  • 代表会員はドコモの携帯電話またはドコモ光、dカードの契約が必要
  • 代表会員に「子会員(別のdアカウント)」の紐づけをすることができる
  • 子会員となるのは代表の三親等内の関係にある必要があります
  • グループ内の会員数上限は20会員までとなります

こんな感じです。

申し込みは電話(151)またはドコモショップから利用可能です。

 

一般的な利用方法

ごく一般的な利用方法としてはファミリー割引を利用している家族の携帯電話のアカウントのポイントを一つにまとめるというものでしょう。

ドコモの携帯電話の契約があれば、毎月利用料に応じたdポイントが貯まりますが、回線ごとにバラバラに貯まってしまいます。

それをポイント共有グループとしておけばポイントを分散させずに貯めることができます。

  • 自分のdアカウント(代表会員)
  • 妻のdアカウント(子会員)
  • 子供のdアカウント(子会員)

こんな具合です。

なお、ドコモの携帯電話の契約があるならdカードGOLDがお得です。同カードをもっていれば通常1%のドコモ料金に対するポイント還元が10倍の10%になります。家族カード1枚無料なので、2名(2回線分)が10%還元になります。

年会費は1万円(税別)ですが、月々の電話代が1万円を超えているならポイント還元分だけで元が取れます。

>>dカードGOLD公式ホームページはこちら

dp-invest.hateblo.j

ちょっと変わったポイント共有グループ

家族で共有するだけでなく、少し変わった共有グループも作ることができます。

たとえば、自分名義の代表口座に自分のサブ口座を複数紐づけする(ポイント共有グループ化する)というものがあります。

  • 自分のdアカウント(代表会員)
  • 自分のサブdアカウント
  • 自分のサブdアカウント

こんな感じですね。複数のdアカウントを持っている人がアカウントのポイントを共有する目的で作る感じです。

ちなみに、dアカウントは20アカウントまで共有可能なので家族+自分のサブアカウントという方法もOKです。

 

ポイント共有グループの活用方法

サブアカウントをポイント共有グループに登録するのは何の目的で?という疑問もあるかもしれませんが、以下のような場合に使えるかと思います。

  • dマーケット関連の「初回限定」キャンペーンの利用
  • dポイント投資で複数アカウント運用で追加上限を超える

初回限定の特典があるキャンペーンで活用

こんな感じで色々使いようがあります。たとえば、過去に紹介したdポイント関連のキャンペーンでは下記のようなものがありますね。

  • dポイントの初回登録でもれなく1000ポイント
  • dデリバリー初回利用で50%オフ
  • dトラベルの電子クーポン、初めての利用で50%オフ

こんな感じです。「初回利用で○○」「初めての利用で○○」みたいなキャンペーンのために新規のdアカウントを作って、それを代表会員のアカウントに紐づけすればキャンペーンのポイントも無駄になりません。

dポイント投資の共有グループ利用

最後の「dポイント投資の複数アカウント運用」については、現行のdポイント投資の場合、1アカウントにつき1日99900ポイントまでしか追加できない仕様になっています。

10万ポイントを超えるdポイントをお持ちの方は、余ったポイントが無駄に遊んでしまうことになります。

そこで、複数アカウントで共有することで1日の上限を殖やせます。
最大20アカウントOKなわけですから、約200万dポイントまで無駄なく運用することができます。