dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

2018年12月26日:dポイント投資 米国市場休場で今日は円安でdポイント投資反発!

f:id:showchan82:20180724123230j:plain

この記事を書いているのは午前10時ごろです。日時は注記がない限り日本時間です。

  • NYダウ:休場
  • NASDAQ:休場
  • FTSE100:休場
  • 日経平均:-1010.45円(前営業日)
  • 米国10年債利回り:休場(前日2.736%)
  • 為替レート:110.68円(前日仲値:110.07円)

昨日の日経平均株価マイナス1000超えはすごかったですね。5%超の下落率で2018年最大の下げ幅でした。ちなみに、本日は反発していますが、昨日末時点の日経平均下落率は2000年代ではリーマンショック時(2008年10月)に次ぐ下落率だったそうです。

 昨日は欧米はクリスマス休暇でした。祝日で一旦相場が冷静さを取り戻してくれるとよいですね。

dポイント投資攻略。本日のポイント投資予想

dポイント投資を予想するには dポイント投資の原資産である「THEOグロースAI」と「THEOインカムAI」の値動きを予想することで、本日のdポイント投資を占います。

THEOグロースAIは世界の株式市場、THEOインカムAIは世界の債券市場に連動します。どちらも米ドル建てのETFで投資されているので、これに為替レートを加味してやって計算しています。

 

本日は米国市場がお休みなのでTHEOグロースAIやTHEOインカムAIの原資産である米国ETFは動きません。ただ、どちらも円建ファンドなので為替レート分の影響は受けます。

本日仲値は110.68円と前日仲値よりも円安なので、グロースAI、バランスAI共に上昇します。

そのため、本日のdポイント投資はプラスとなります、上昇幅はどちらも0.55%程度になると見込みます。ここ数日の下落からすると小さい戻りですが、ポイントを追加して確実に取っていきましょう。

 

※予想値は、THEOグロースAI、THEOインカムAIの資産配分を推測して計算したものです。損したとかクレーム言われても一切対応しませんのであしからず。

 

dポイント投資で儲けを増やす、投資原資(dポイント)を貯める方法

dポイント投資はおおよその当日の値動きの予想ができてから後出しジャンケンで、投資をするかどうか?を決められる仕様となっております。

dp-invest.hateblo.jp

2018年12月17日以降はルールが一部改悪されてしまい、一日に加算できるポイント数に制限(1日2000ポイントまで)ができてしまいました。

そのため、dポイント投資で賢く儲けるには少しだけ工夫も必要になりました。

  • THEO+docomoの利用で後出し可能なポイントを5倍(1万ポイント)にする
  • ポイントサイト等を活用してdポイント投資の原資を増やす
  • ドコモ回線+複数アカウントを活用する

この3つです。

THEO+docomoの利用で後出し可能なポイントを5倍(1万ポイント)にする

THEO+docomoは投資信託を使って自動投資をしてくれるサービスとなっています。こちらの利用して積立設定をしていれば、dポイント投資の1日あたりのポイント加算の上限が2000ポイント→1万ポイントになります。

dp-invest.hateblo.jp

これは結構大きいです。1日当たりの上限なので、前日+当日を組み合わせれば2万ポイントまで、完全後出しで投資可能です(連騰すれば、以降1日当たり1万ポイント加算可能)。

dポイント投資を効率的にやるならTHEO+docomoは押さえておきたいところですね。私も利用してます!

>>THEO+docomo公式ホームページ

 

dカードやポイントサイト等を活用してdポイント投資の原資を増やす

ポイント加算の上限は付きましたが、勝率ほぼ100%のdポイント投資をするなら上限までは投資をしたいところです。

運用するためのポイントが不足している人は、dカード(クレジットカード)ポイントサイトを活用することでdポイントを手軽に大量にためることもできます。

基本はdカード(クレジットカード)の活用

dカードは実質年会費無料のクレジットカードです。dカードはショッピングの1%分のdポイントが貯まるだけでなく、お買い物のやり方などの工夫すれば2%、3%といった還元率も目指せます

dp-invest.hateblo.jp

なお、ドコモユーザー(ドコモのスマホやドコモ光を利用している方)であれば、通常のdカードではなく、dカードGOLDがおすすめです。

年会費は1万円+税ですが、ドコモ利用料金(+ドコモ光)の10%がdポイント還元されるので、月に1万円以上をドコモに払っているなら年会費分はdポイントでペイできます。もちろん、月々還元される10%分のポイントは通常ポイントなのでdポイント投資に使うことができます!

dカードGOLD作成でもれなく最大13000円相当のキャンペーンも実施中なのでうまく使いましょう。dカードGOLDについて詳しくは「ドコモユーザー必携のdカードGOLDの活用術」の記事でも紹介しています。

ちなみに、dカードは2019年3月末まで「ApplePayを使えばポイント還元率が5倍になるキャンペーン」も開催しています。dカードを使ってdポイントをお得にためていきましょう!

 

ポイントサイトとの組み合わせでさらに効率アップ

さらに、「ポイントサイト」も活用すれば、dポイント獲得のペースをブーストすることもできます

ポイントサイトとは、広告を利用することでポイントがもらえるサイトで、貯めたポイントはdポイントにも交換することができます。

広告を利用するといっても、資料請求のように、お金を掛けずにポイントがもらえる案件も多く、dポイント投資の原資獲得のためにおすすめです。

 

短期間で数万単位のポイントを獲得できる広告案件もあるので、活用していきましょう。dポイントに直接ポイント交換できるのは「ポイントタウン」と「ライフメディア」「すぐたま」の3サイトがおすすめです。 

ポイントサイトごとに広告案件は違っていたり、獲得ポイント数が違っていたりするので全部活用しましょう。会員登録は無料ですし、お金がかかることもありません。

 

>>ポイントタウン公式ホームページはこちら

>>ライフメディア公式ホームページはこちら

>>すぐたま公式サイトはこちら

 

ちなみに、会員登録とサイトの利用でポイントタウンは300円相当、ライフメディアは500円相当、すぐたまは300円相当のポイントが“もれなく”もらえます。

大いに活用して、大量のdポイントを貯めてポイント投資で殖やしていきましょう。

 

dポイント投資、少し面倒に見えるかもしれませんが、そんな手間がかかるものではありません。ほぼノーリスクでお金(ポイント)を増やせるサービスなので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

このブログについてのお問い合わせはこちらをご覧ください。