dポイント投資の攻略ブログ

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。新dポイント投資の投資判断をお昼過ぎに発信します。dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

THEO+docomoの評判とメリット、デメリット。ドコモユーザーが使う価値はある?

f:id:showchan82:20181218082925p:plain

 

THEO+ドコモは、ロボットアドバイザー(ロボアド)運用をしている資産運用サービスのTHEOとNTTドコモが連携して行っている資産運用サービスです。

dポイント投資のサービスもTHEOが運用している「THEOグロースAI」や「THEOインカムAI」を利用しています。

そんなTHEO+ドコモという投資・運用サービスを利用する価値やメリット、デメリットや評判などをまとめていきたいと思います。

 

>>THEO+docomo公式ホームページ

 THEO+docomoとは

THEOはロボアドバイザーという仕組みで運用される資産運用サービスです。

  • 年齢
  • 年収
  • 毎月の貯金額
  • 金融資産額

などの条件に基づいて最適なアセットアロケーション(資産配分)を行ってくれるというほったらかし投資が可能なサービスとなっています。

基本的には毎月「積立投資」をする形でTHEO+docomoに入金すれば、それをTHEO(テオ)側が様々なアセットクラスに対してETF(※)で分散投資する形になります。

※ETF:上場投資信託。株価指数などに連動し市場で売買できる投資信託

 

実際の運用(売買)はTHEO(テオ)側が自動的に行ってくれるので、一度設定をしたら毎月そのまま積み立てていけばOKです。ロボアド投資の良いところは、資産運用を完全に自動化できるというところにあります。

ロボアドバイザー(ロボアド)運用に関しては以下なんかをご参考に。

参考:ロボアド(ロボアドバイザー)を利用したAI資産運用の特徴とサービス比較

普通のTHEO(テオ)とTEHO+docomoの違い

THEOには、お金のデザイン社直販のTEHOと、今回紹介しているドコモと連携したTHEO+docomo(テオプラスドコモ)というサービスがあります。

サービスの基本内容は同様なのですが、THEO+docomoの方が以下の特典がある分お得です。

  • 投資額に応じてdポイントがもらえる(10万円につき毎月1.5ポイント)
  • dカードを使った“おつり投資”が可能
  • ドコモ口座と連携可能

特に投資額(運用総額)に対してdポイントがもらえるというのは大きいですね。年0.018%相当となりますが、ないよりマシです。

THEO+ドコモの評判・口コミ

好意的な評判と否定的な評判の二つが混在しています。

(好意的な評価)

  • 自分で投資の事を考えなくても良いのはいい
  • 資産運用には興味はあるが、実際の投資について勉強するのは面倒だったのでこうしたサービスはありがたい。
  • 自分ではなかなか組めないリスクレベルに応じたアセットアロケーションを組んでもらえるのはうれしい
  • ファンドラップなどと比較すれば手数料1%は安い

(否定的な評価)

  • THEOの取り分の手数料1%は高い

こういった意見となっています。サービス面としては評価されてはいるものの、手数料の高さがネックと考える方が多いようです。

ただし、2019年にはTHEOカラーパレットという手数料割引サービスを始めており最大35%の割引(0.65%)がされるようになり、手数料面は改善されています。

 

THEO+ドコモをドコモユーザーは始める意味がある?

資産運用や投資を自分の考えでやっていきたいという方はまず、THEO+ドコモに限らず、ロボアド系のサービスはあまり向いていません。

一方で資産運用の必要性は感じているけれどもどうやって取り組んでいけばいいのかわからない。という人にとってロボアド運用サービスは強い味方となります。

 

 なお、THEO+docomoを利用するには口座開設が必要となります。

  • 本人確認書類
  • マイナンバーがわかるもの(通知カード or マイナンバーカード)

上記が必要となります。どちらもスマートフォンのカメラで撮影したもののアップロードでOKです。

現在、THEO+docomoでは、利用開始から3か月間の積立投資額に応じて最大5000ポイとがもれなくもらえるキャンペーンも実施中です。

>>THEO+docomo公式ホームページ

 

このブログについてのお問い合わせはこちらをご覧ください。