dポイント投資の攻略ブログ、後出しジャンケン投資

dポイント投資の投資判断を考えていくブログです。毎日の私のdポイント投資の投資判断の他、dポイントを上手にためる、使う方法などについてもまとめていきます。

dポイント投資が改悪決定。12月17日以降は1日の追加に上限ポイント設定、そのさらなる攻略法!

f:id:showchan82:20180816143136j:plain

dポイント投資は2018年11月19日現在、だれがやっても勝てるようなサービスになっています。理由はこのブログで書いている通りですね。

基本的に当日17時にポイント投資の結果が判定されますが、それまでは自由に入出金できます。

あくまでも予想がベースにはなりますが、その日の相場を見て投資する、しないの判断ができるわけです。

0.1%単位の予想は難しいですが、dポイント投資の運用結果が0.5%以上あるような場合ならほぼ確実に予想できます。

 

現行のdポイント投資なら数年内に億万長者が誕生する

おおよそですけど、過去の2か月のプラス上昇だけをとればおおよそ月利で8%くらいになると考えられます。

元手10万dポイントがあるとするといくらになっているでしょうか??

1年後:23万ポイント
2年後:58万ポイント
3年後:147万ポイント
4年後:372万ポイント
5年後:937万ポイント
6年後:2360万ポイント
7年後:5945万ポイント
8年後:1億4971万ポイント

です。どんどん上昇幅が大きくなります!いわゆる複利効果というやつですね。

参考:金融知識として知っておきたい複利と複利効果の大きさ

 

dポイントはポイントとしてはかなり貯めやすいポイントプログラムなので、万単位のポイントを持っている人は多くいるでしょう。

記事にしたようにポイントサイトやポイント交換も使えばブーストできます。

 上記の試算だと91か月後に1億ポイントを突破することができますが、ポイントサイトやポイント交換で60万ポイントを仮に用意できるとすれば、68カ月に短縮できます。複利効果は「元金が大きいほど高まる」んです。

 

dp-invest.hateblo.jp

ボーナスタイムは長く続かない?

このボーナスタイムは長く続かないでしょう。すでに数百万dポイントを運用している人も少なくないはずです。

このdポイント運用におけるポイント分はおそらくドコモが負担しているはずであり、見逃せない金額になっているはずです。

 

2018年11月19日 追記:ついに改悪が確定しました

ついに“その時”がやってきてしまいました……。

平素は、ポイント投資をご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、ポイント投資をご利用いただいているお客さまのご利用状況などを総合的に考慮し、ポイント投資における提供内容の一部を変更させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。

変更内容は以下の通りです。

【変更内容】
1日※1に追加可能な運用ポイント数の上限を設定いたします。
■変更前 上限値:無し
■変更後 上限値:2,000ポイント
(ただし、THEO+ docomo※2をご利用※3のお客さまの上限値は10,000ポイントとなります。)

改悪は12月17日からです。

システム回り(後出しジャンケンで勝てるシステム)自体は変更しないけど、1日に投資できるポイント数に上限を設定してきました。ほぼ100%勝てる仕組み自体は残っています。

1日上限は2000ポイントです。引出には制限はありません。

 

2000ポイントの元金(連騰するならその日数×2000ポイント)まで増やしていけますが、2000ポイントだと正直旨みはあまりないですね。

1%の変動で20ポイントにしかなりませんので……。

 

対応策としては2つあります。

  1. 複垢で負けない投資を続ける
  2. アクティブコース/バランスコースの入れ替え戦略をとる

 

複垢で負けない投資を続ける

dポイント投資はdアカウントで連携しているIDでポイントを共有できます。

なので、複数のアカウントをつくり、それぞれで投資をすれば2000ポイントを超えた投資を1日にすることも可能にはなります。

ただし、アカウントの切り替え作業、それぞれでポイントの追加、引出の作業が必要になりますので正直手間がかかりすぎますね……。

ただ、ポイント数が少ない方はこの方法である程度のポイント数を獲得できるはずです。

 

アクティブコース/バランスコースの入れ替え戦略をとる

こちらはより現実的です。

後出しで相場を予測できることには変わりありませんので、それを活用します。

dポイント投資は「バランスコース/アクティブコース」の入れ替えが可能です。なので、上がるときは上昇率が高い方、下がるときは下落率が低い方に入れ替えを行うようにします。

こうなることで、100%勝てる投資ではなくなりますが、普通に投資をするよりは有利な環境で投資ができます

具体的にデータで見てみましょう。

グロースAI、インカムAIの過去3か月のデータから累積投資の結果から分析します。8月21日から1万ポイントを11月16日まで投資し続けた時の結果です。

  • アクティブコースのみに投資:9742ポイント
  • バランスコースのみに投資:9905ポイント
  • 後だしじゃんけんで投資:12269ポイント
  • アクティブ/バランスをスイッチして投資:10826ポイント

普通にdポイント投資に預けっぱなしにしている場合はどちらもマイナスとなります……。

現在のように、後だしじゃんけんでマイナスの時は引き出しをした場合は22.69%(3か月)という驚異的な利回りとなっています。ただ、アクティブコースとバランスコースをスイッチするタイプの運用法でも8.26%(3か月)です。

ここ3か月は世界の相場的にはマイナスに推移していることを考えると十分に誇れるパフォーマンスではないでしょうか。

 

歴史的大暴落があるような場合は引出をすれば逃げることもできますし、今までが異常だっただけで、この方法でも十分有効です。

為替レートにリスクを感じるならFXを使ってドル円ショートでリスクヘッジする方法もあります。

 

こんな感じでしょうか。dポイント投資は改悪されますが、魅力がなくなるというわけではありません。小口でコツコツやるか、まとまった資金なら多少のマイナスもあるけど、普通に資産運用するよりは有利に進めることも可能です。

 

とりあえず、12月16日までは現行の確実に負けない投資を続けて、17日以降のdポイント投資についてはそれまでにいろいろ考えていきたいと思います。